Simply Haiku: A Quarterly Journal of Japanese Short Form Poetry
Contents Archives About Simply Haiku Submissions Search
Autumn 2006, vol 4 no 3

RENKU

    

              
 

賜餐 「ミモザの巻」

谷地元瑛子捌

 

 

 

 

 

 

教え子にミモザ贈らる晴れがまし

湯浅信之(走水)

 

 

解釈論ず春の車座

塚本田天志

 

 

伝わりし『豆腐百珍』賞味して

内山良子

 

 

* * * *

 

 

 

 

白く柔らか海亀の卵

近藤クリス

 

 

ユリシーズ故郷遠く夏の月

杉浦喜久代

 

 

誓願着衣雨の修院

瑛子

 

 

* * * *

 

 

 

 

レコードの針飛ぶ『恋はつかの間ね』

クリス

 

 

燃ゆるもみじの山径辿る

喜久代

 

 

石の窪のぞけば香る猿酒

田天志

 

 

* * * *

 

 

 

 

掘れば出て来る登呂の土器

走水

 

 

e-bayでウッズの空き缶落札す

瑛子

 

 

曲げぬ九条冬凪の中

良子

 

 

 

 

 

 

平成十八年四月二七日首尾     
於/内山邸
 

 

 


Copyright 2006: Simply Haiku